飼育員古庄晃さんを襲ったホワイトタイガーのリク殺処分なし!!遺族の思いは!

今朝衝撃なニュースが入ってきました。

鹿児島の平川動物公園で飼育していたホワイトタイガーのリクが飼育員を襲い残念ながら飼育員の古庄晃さんは帰らぬ人となってしまいました。

古庄晃さんの遺族の思いを追ってみたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

事件は8日の夕方5時過ぎに起きました。

鹿児島の平川動物公園で飼育していたホワイトタイガーに飼育員にを襲ったと119番通報があり現場に駆け付けたところ飼育員の古庄晃さん(40)が血を流しながら倒れているところを発見されました。

すぐに病院に運ばれましたが残念ながら息を引き取っています。

8日午後5時すぎ、「男性飼育員がホワイトタイガーに襲われた」と動物園から119番通報がありました。消防が駆け付けたところ、ホワイトタイガーの飼育室内で飼育員の古庄晃さん(40)が首から血を流して倒れていたということです。古庄さんは病院に搬送されましたが、その後、死亡しました。ホワイトタイガーは直後に麻酔で眠らせたということですが、なぜ事故が起きたのか警察が詳しく調べています。

参照 ANNニュース

事件現場

事件が起きた鹿児島の平川動物公園ですが公園を隣接していて地元では人気がある動物園だったようです。

参照 ANNニュース

動物園側も今回の事件にかなり衝撃を受けています。

ホワイトタイガーのリク

出典 ANNニュース

今回飼育員を襲ったホワイトタイガーのリクですが5歳の雄のホワイトタイガーです。

ホワイトタイガーといえば色が白く珍しいことで有名ですがやはり凶暴なことには変わりありません。

この動物園でももちろん同じ檻の中に人が入るという行為は禁止していました。

ではいったいなぜこんなことが起きてしまったのでしょうか?

原因などは現在調査中とのことで詳しい情報が入り次第追記したいと思います。

古庄晃さんの遺族の思いは

古庄晃さんの遺族の思いですが今回の事件に対し非常につらい悲しみを抱えていると思います。

しかし遺族はホワイトタイガーのリクの殺処分については殺処分しないでこのまま平川動物公園で飼育してほしいと話しています。

身内を失って悲しいはずなのですが逆に飼育してほしいなんてなかなか言えたもんではないですよね。

きっと動物好きだった古庄晃さんの思いを述べたのではないでしょうか。

ホワイトタイガーの赤ちゃんの値段は?

珍しいホワイトタイガーの値段を調べてみました。

調べてみると赤ちゃんで1500万円程するそうです。

まあ実際日本の過程で買うことはないのでしょうが中古マンションが買えるぐらいの値段ですね。

でも普通の人が買うことはないとは思うのですが。

ネットの反応

今回の事件を受けてネットでも様々な意見が出ています。

・飼育員さんがよほど愛情を持って飼育していたのをご家族も知っていなければ、事故が起きたばかりでこんな言葉は出てこないでしょう。
マニュアル通りだけではなくて少しマニュアルを外れてしまっても事故が防げるような対策にしないと亡くなられた方も浮かばれません。

・トラからしたら本能の行動。
飼育員さんはお気の毒ですが、ずっと大切にお世話してきたトラなので、ご遺族はその気持ちを汲んだのでしょうね。

あと、散歩中の犬を平気で子どもたちに触らせている飼い主さん方、うちの犬は大丈夫と過信せず気をつけた方がいいのでは…と思います。

・虎は本能に従っただけ。人を襲ったことのある野生の熊は危険というけど虎は人を襲った経験の有無に関わらず最初から危険なのは分かり切っている。

参照 ヤフーニュース

スポンサーリンク

まとめ

今回ですがホワイトタイガーのリクの殺処分は遺族の思いが強くなくなりそうです。

これもまた亡くなった古庄晃さんの思いなのでしょうか。

しかし今回はたまたま動物園に子供などのお客さんがいなかぅたのが幸いなのでしょうか。

この事件を受けて猛獣を扱う動物園の体制を見直さないといけないのではないのでしょうか。

亡くなられた古庄晃さんのご冥福をお祈りいたします。