広瀬嘉一 顔画像は?父親の首をロープで?動機は介護疲れ?殺害理由が悲しい!!

父親の介護疲れからの殺害でしょうか。

福井市で父親の首をロープで絞めて殺害するという悲しい事件がありました。

詳細を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

1月17日の午後10時ごろ、広瀬嘉一容疑者は父親の首を絞めて殺害した疑いで逮捕されたようです。

同居している父親の首を絞めて殺害したとして、福井市の男(57)が逮捕された。

殺人の疑いで逮捕されたのは、福井市の団体職員・広瀬嘉一容疑者。警察の調べによると、広瀬容疑者は今月17日午後10時ごろ、自宅で父親の一さん(84)の首にロープのようなものを巻きつけ、殺害した疑いが持たれている。広瀬容疑者が翌日、「父親が冷たくなっている」と消防に通報したもので、遺体に不審な点があったことから犯行が発覚した。

警察の調べに対し、広瀬容疑者は「殺すつもりはなかった」と容疑を否認していて、「介護がうまくいかずカッとなった」と供述しているという。

参照 NNNニュース

広瀬嘉一容疑者の顔画像

広瀬嘉一容疑者の顔画像はテレビなどでは報道されていませんでした。

普段の生活がわかるかもしれないのでSNSで検索していましたが、本人と断定できるアカウントは発見できませんでした。

フェイスブックの検索はこちら

スポンサーリンク

広瀬嘉一容疑者のプロフィール

名前:広瀬嘉一(ひろせ よしかず)

年齢:57歳

住所:福井県福井市みのり1丁目

職業:団体職員

容疑:父親を殺害の疑い

事件のあった場所

事件があったのは福井県福井市のこちらの住宅です。

この家で広瀬嘉一容疑者は父親の首を絞めたようです。

出典 NNNニュース

事件のあった自宅がある福井県福井市みのり1丁目はこのあたりです。

地図を掲載しておきますのでご覧ください。

スポンサーリンク

動機は介護疲れ?1人で介護を?

出典 NNNニュース

広瀬嘉一容疑者は「介護がうまくいかずカッとなった」と話していて、殺すつもりはなかったと殺意を否定しています。

ある報道では、ロープでしめた後はゆるかったという話もありますので、本当に殺すつもりなどはなかったのかもしれません。

広瀬嘉一容疑者は父親の介護を1人で行っていたようですね。

仕事をしながら、父親の着替えや食事の準備、洗濯なども1人でやっていて、疲れてしまったのでしょうか。

介護疲れで親を殺してしまうのは、あまりにも悲しいことですね。

インターネットの反応

・理由はどうであれ、殺してはいけないが、これは介護をした事がある人にしかわからない。
うちの親戚も自分の親を介護していたが、自分の親でも早く死んで欲しいと思うようになったと言っていた。
今の時代、日本に住んでいたらほとんどの人がその問題に直面するだろうから、決して他人事とは思えない。

・夢物語だが、一般家庭の収入内で苦にならない程度の金額で、待たずにいつでも入居できる、介護の必要な老人の世話をきちんとしてくれる施設があれば、いいのにね。

・男女平等は大前提として、やはり、男の人が一人で親の介護もやりながら
自分も生活していくのは大変ですよね。
もちろん女性だって大変なんですが…
介護する側も年をとっていく訳ですしね。
オリンピックや万博も大事なのかもしれませんが、国にはこういう方面から先に動いてほしいです。

・一人で介護してたんだろうか?
仕事して60歳近い息子が親の介護は大変だろう。親を殺した後悔とこれからの事を考えると絶望感しかないな。人ごとではないな。

参照 ヤフーニュース

スポンサーリンク

まとめ

殺してしまったことは許せないことですが、一人で働きながらの介護は相当、辛かったのかもしれません。

ネットの声でも同情する声があがっていましたね。

これからの世の中、こういう事件がどんどん増えていきそうで悲しいですね。