萩原恭子 顔画像とフェイスブックは?わが子にインスリン投与!!心肺停止??

10歳の子供にインスリンを投与するという事件がおきました。

インスリンを投与したのはなんと母親でした。

インスリンを投与するような病状はなかったとのことですが、いったいなぜ・・・

スポンサーリンク

事件の概要

萩原恭子容疑者は去年の1月、自宅で10歳の息子にインスリンを注射して殺そうとした疑いがもたれています。

10代の息子にインスリンを投与して殺害しようとした疑いで、山梨県南アルプス市の47歳の母親が逮捕されました。

殺人未遂容疑で逮捕されたのは、山梨県南アルプス市の無職・萩原恭子容疑者(47)です。萩原容疑者は去年1月、自宅で当時10代の息子に、血糖値を下げる効果があるインスリンを注射して殺害しようとした疑いが持たれています。息子は病院に運ばれ、その後、回復しています。

参照 JNNニュース

息子にはインスリンが必要な症状はなく虐待の恐れがあるとのことです。

息子にはインスリンが必要な病状はなく、去年10月、この注射について、虐待の恐れがあるとして関係機関から通報があり、警察が捜査していました。萩原容疑者は容疑を否認しているということです。

参照 JNNニュース

インスリンは糖尿病患者やに注射する薬だと思いますが、やはり殺す目的だったのでしょうか。

萩原恭子容疑者の顔画像

萩原恭子容疑者の顔画像は残念ながら報道されていませんでした。

SNSで検索してみましたが萩原恭子容疑者の情報はありませんでした。

フェイスブックも調べてみましたが特定できるアカウントはありませんでした。

気になる方は調べてみてください。

フェイスブックの検索はこちら

萩原恭子容疑者のプロフィール

名前:萩原恭子(はぎわらきょうこ)

年齢:47歳

職業:無職

住所:山梨県南アルプス市曲輪田

事件のあった場所

山梨県南アルプス市にある萩原恭子容疑者の自宅です。

出典 JNNニュース

この家で息子にインスリン注射を行ったようです。

出典 JNNニュース

こちらが山梨県南アルプス市曲輪田の地図になります。

のどかな田舎町なようです。

スポンサーリンク

なぜインスリン注射を?

インスリンは血糖値を抑えるための注射のようです。

糖尿病の患者に使用される薬だぞうです。

息子にインスリンを投与する必要性はなかったにもかからわず、萩原恭子容疑者はなぜ注射を?

健康な人間にインスリンを投与するとどうなるのでしょうか。

専門的なことはわかりませんが、まず血糖値が下がりすぎて意識がなくなったりするようです。

今回、息子は心配停止状態だったということですが、現在は命に別状はないようです。

インターネットの反応

実の母親が自分を殺そうとした。

ただでさえ多感な時期なのに…。
これから何十年もこんな思いを持ち続けなければならないのか。

参照 ヤフーニュース

インスリンを凶器にするなんておかしすぎる。

参照 ヤフーニュース

おそらく保護されるこの子供を二度とこの母親のもとに返すべきではない。

参照 ヤフーニュース

まとめ

去年の1月にあった事件ので今頃、逮捕ということですがずいぶん時間がかかったようですね。

息子はずっと虐待されていたのではないか心配です。

インスリン注射がなぜ家にあったのでしょうか。

家族のだれかが糖尿病を患っていたのかもしれませんが、どんな症状で必要かは十分わかっていたはずです。

やはり殺そうとして投与したのかもしれません。

自分の母親に殺されそうになったなんて、それを背負って生きていかないといけない息子の気持ちを考えると、やりきれない思いになります。

詳しい動機はまでわかっていませんので、わかりしだいお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク