GACKTが改名発表!「突然ですが、改名しました。」

GACKT(ガクト)が4月1日にTwitterやInstagramを更新し話題となっている。

更新された内容はワールドツアーの開催決定やニューシングル3タイトルの同時リリース、フルヌード写真集の発売決定など10個以上の情報を一挙に解禁された。

そんな情報の中、TwitterやInstagramで発表されたGACKTの改名がネットやSNSで話題となっている。

スポンサーリンク

GACKT

GACKTさん(@gackt)がシェアした投稿


出典 インスタグラム

GACKT(ガクト)は1973年7月4日生まれ沖縄県出身。男性シンガーソングライター、俳優として活躍している。

3歳の頃にピアノの練習を開始したGACKTは、11歳で一度中断するも14歳前後に友人の影響で再開。

高校ではドラムの演奏を始め、高校卒業後には水商売やディーラー、スタジオの音響などの仕事の傍らドラムのヘルプを続けていたという。

そんな中、京都でYOUとバンド「Cains feel」を立ち上げ、ボーカルを務めることとなった。

「Cains feel」を立ち上げたのち、MALICE MIZERのManaとKoziに会い、MALICE MIZERへの加入を決め上京、1995年10月~1999年1月まで2代目ボーカルとして活動。

GACKTが改名

3月31日の日をまたぐと同時にTwitterを更新したGACKT。エイプリルフールを待っていたかのように更新されたGACKTの公式Twitterアカウントでは、

「突然ですが、改名しました。GAKTONでしゅ。漢字は、我苦豚と書きます」

と、GACKTからGACKTONに改名することを宣言。さらにGACKTの公式Twitterアカウントでは、プロフィール画像も新たにアップロードされ公開。

ファンに公開されたプロフィール画像にはGACKT要素である金髪とサングラスだが少し太ったような人物の姿画像へ変更されいつものアカウントとは違う違和感を醸し出していた。

ムキムキで理想的だったGACKTの美ボディーは一体どこに行ったのかとネットやSNSでは話題となっている。

改名はエイプリルフールネタ

GACKTが改名などを発表し話題となった4月1日はエイプリルフール。

最近では芸能人や企業がさまざまな内容で手の込んだエイプリルフールネタを仕込んでいる中、今回のGACKTのエイプリルフール企画が改名だけではなく、かなり手の込んだ内容となっている。

GACKT公式サイトではワールドツアー開催決定・ニューシングル3タイトル同時リリース・フルヌード写真集の発売決定など10個以上の情報を一挙に解禁。

もちろん嘘で、かなり手の込んだエイプリールフール企画となっており、公式サイトやSNSを見たファンの間でも話題になっている。

「本気出しすぎ」

「アーティスト名どころかアーティスト変わってるwww」

「いやいやいやいや(笑)遊びすぎ」

などと、GACKTのTwitterや公式サイトを見たファンからツッコミのコメントが殺到する事態となっている。

スポンサーリンク