富士学苑高校 女子バスケ部で体罰!!ベテラン監督の行き過ぎた指導!!体罰は日常的か?

また体罰が発覚しました。

今度は女子バスケットボール部の強豪校で行われたようです。

くわしく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

山梨県富士吉田市にある富士学苑高校の女子バスケットボール部で男性監督が体罰を繰り返していたことがわかりました。

先月23日に学校へ匿名電話があり発覚したようです。

山梨県富士吉田市にある高校女子バスケットボール部の強豪校で、男性監督が部員に対して体罰などを繰り返していたことが分かりました。

体罰や暴言を繰り返していたのは、富士吉田市にある富士学苑高校女子バスケットボール部で30年以上、監督を務めている60代の男性教師です。先月23日に「指導のなかに体罰と暴言がある」と学校に匿名の電話があって発覚しました。学校が生徒らに聞き取りをしたところ、複数の女子部員に体罰を加え、暴言を吐いていたということです。部員にけがはありませんでした。監督は「指導に行きすぎがあった」「体罰や暴言だと取られても仕方がない」と認めているということです。学校は1日に緊急の保護者会を開いて経緯を説明し、監督への処分を決めるということです。

参照 ANNニュース

体罰があったとされる高校は?

体罰や暴言などがあったとされる高校は山梨県富士吉田市にある富士学苑高校です。

富士学苑高校の画像がテレビで報道されていましたので掲載しておきます。

出典 ANNニュース

富士学苑高校がある山梨県富士吉田市緑が丘は地図ではこの辺りになります。

スポンサーリンク

体罰は日常的におこなわれていたのか?

富士学苑高校の女子バスケットボール部では監督からの体罰や暴言などが日常的におこなわれていたのでしょうか。

富士学苑高校は強豪校だそうですが、やはり指導する方も熱くなることもあるかもしれません。

昔は体罰があたりまえのように行われ、それほど問題にならなかったようです。

この監督も昔からあたりまえのように体罰や暴言を吐き、自分自身も行きすぎた行動とは思ってなかったのではないでしょうか。

昔のような指導では今は通用しないということが理解できていなかったのかもしれませんね。

匿名電話は誰が?

匿名電話で今回の問題が発覚したとのことですが、いったい誰がかけたのでしょうか。

体罰に耐えきれず我慢できなくなった生徒か、生徒の保護者なのかもしれないですね。

監督は行き過ぎた指導だったと認めているようですが、処分はまだ決定していないようです。

出典 ANNニュース

スポンサーリンク

インターネットの反応

スポーツ指導者が体罰をするのが、自分が同様に体罰を受けてきたことを美化してしまっているのが強すぎるから。「体罰もある指導を受けて、自分は成長出来た。恩師にも感謝している」なんて言うが、体罰は全否定しなきゃね。

次々報道されているために良くも悪くもこの手の匿名通報が後をたたなくなるでしょうね。そのうちの多くが愉快犯や嫌がらせ目的での虚偽であったりするから調査も報道もくれぐれも慎重に。

なんだって高校部活動の強豪と言われるチームでいわゆる体罰やパワハラがないチームは1割もないんじゃないかなー
因みにコーチや監督が自分自身が悪いと認知している人もそのうちの1割だと。

時代が変わればやり方も変わる
俺も含めて世のおっさんおばさん連中は考えないとね

体罰や暴言なく、説明で子供たちが育てばこれからの社会も変わります。今の感情的に怒る人に耐える力など必要ないんです。今までがおかしいんです!

参照 ヤフーニュース

スポンサーリンク

まとめ

30年以上も監督をつとめあげた人、強いチームを作るために頑張ってこられたと思います。

もしかしたら30年間あたりまえのように今ならパワハラと言われるような言動をくりかえしてきたのかもしれません。

でも今の時代は通用しないし、昔と今は違い体罰は絶対に許されることではありませんね。