お酒をもっと楽しむ!二日酔いを防ぐ食べ物や飲み物は?

本当はお酒が苦手だけどどうしても付き合いで飲まないといけない時ありますよね。

明日は大事な用事もあるしできるなら二日酔いは避けたいな…。

そんなあなたに朗報です。食べるだけで二日酔いを防ぐ方法があるのです。

飲みニケーションは断れない、そんなあなたは是非試してみてください。

スポンサーリンク

飲む前にできる二日酔いを防ぐ方法

空腹時にお酒を飲むと血中アルコール濃度のピークが早くなり低血糖を早めると言われています。

これは肝臓の中にあるグルタミンが足りなくなってしまうことで起きると言われていて、二日酔いの原因になります。

よく二日酔いを予防する為には牛乳を飲むのが効果的なんていいますが、実はほとんど効果がなく空腹を防ぐ程度しか効果がないのです。

飲む前におすすめするのは「脂肪」を含んだ食べ物を食べることです。脂肪というのは胃の中に入ってもほとんど消化されないので、吸収するのに長い時間を必要とします。

アルコールの吸収速度をゆっくりしてくれるので、急激な血中アルコール濃度上昇予防にも効果的です。脂肪が苦手な人は緑茶もおすすめです。

カテキンの効果でアルコールの吸収を阻害します。

飲んでいる時にできる二日酔いを防ぐ方法

二日酔いを予防したいのであれば飲んでいる最中に積極的に水を摂るようにしましょう。

利尿作用もあるので、体内にアルコールが残らないようにしてくれる効果や脱水症状による二日酔いの疲労感や頭痛予防などの効果も期待できます。

目安として500ml程度の水を飲むだけでも、二日酔いを防ぐことができます。

お酒と一緒に脂質分の多い木の実(ナッツやくるみなど)、代謝を促す「ごま」「ウコン」「マスタード」、肝臓強化の「ブロッコリー」なども積極的に食べるようにしましょう。

スポンサーリンク

飲んだ後にできる二日酔いを防ぐ方法

飲んだ翌日は肝臓の中に残っている毒素を体外に排出してあげることが大切です。

アルコールの代謝を促進する「炭酸水」や、二日酔いによる頭痛がひどい時は「卵料理」などもおすすめです。

翌日も水分不足になりやすいので、水やスポーツ飲料を常温で飲むようにしましょう。冷たいまま飲んでしまうと胃に負担がかかってしまうのでおすすめしません。

二日酔いを防ぐには一番はお酒を飲むスピードや量を調整することでしょう。二日酔いになると前日の飲みがどんなに楽しくても翌日一日を無駄にした気分になりますよね。

お酒は楽しく飲めることが一番ですので、二日酔い防止対策を覚えておき、一緒に注文するつまみなどで取り入れるようにしてくださいね。

スポンサーリンク