二日酔いを防ぐにはどうしたらいい?ちょっとした一工夫にヒントが

楽しく美味しくお酒を飲めるのが一番ですが、どうしても気になるのは翌日の二日酔いですよね。ひどい頭痛や吐き気で翌朝ベッドから起きるのも辛い…。

そんな二日酔いを繰り返している人もいるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

年を重ねるごとに二日酔いがひどくなる?

年齢を重ねるとちょっとのお酒でも二日酔いがひどくなったと感じていませんか。

その理由には諸説ありますが、一つは肝臓の機能が落ちてアルコールの分解スピードが衰えてしまうことにあります。

血中濃度が高くなることで、翌日の二日酔いが起きやすくなります。

また体内の水分比率は加齢とともに下がってしまうので、アルコールを飲んだときの水分量が低下して血中アルコール濃度が高くなってしまうのです。

二日酔いを防止する方法とは?

二日酔いを防止する為にはどんなポイントに注意したらいいのでしょうか。

お酒を飲む前・飲んでいる時、飲んだ後にできることを紹介します。

(1)飲む

脂質分や炭水化物を飲む前に食べるだけで、アルコールの吸収速度を抑えてくれる、胃にかかる負担や刺激を防ぐことができます。

空腹で飲むと吸収率をあげてしまうので、お酒がまわるのが早いと感じたことはありませんか。おすすめはオリーブオイルやお米などです。

少しでいいのでお腹に入れるようにしましょう。

(2)飲んでいる時

お酒を飲んでいる時に水も一緒に飲むと酔いにくくなります。

お酒を飲んだ時にアルコールの作用によって急激に体の水分が失われていきますので、500mlの水を積極的に飲むようにしましょう。

脱水症状を防ぐことに繋がります。

(3)飲んだ後

しじみのお味噌汁がおすすめです。肝臓の働きを助ける必須アミノ酸によって、幹細胞の再生や肝臓の解毒作用を高めてくれる効果があります。

アルコールで失った塩分を補給する効果もあります。

スポンサーリンク

二日酔いになってしまった時は?

二日酔いがひどい時は柑橘系の糖分を摂取するのもおすすめです。

アルコールを肝臓で分解するために必要な成分になり、二日酔いによるだるさや筋肉痛・頭痛を防ぐ効果があります。オレンジ・みかん・柿などがおすすめです。

他にもカフェインもおすすめです。

二日酔いになるのを防ぐためには水をたくさん飲んで水分不足と血中濃度を上げないように工夫することが大切です。

ちょっとした一工夫で二日酔いを予防することに繋がりますので是非試してみてくださいね。これらのポイントを押さえた上で、お酒は楽しく飲むようにしましょうね。

スポンサーリンク