福成就寺で火災 中に重要文化財も!三重県名張市

火災のニュースが入ってきました。

三重県名張市の福成就寺で火災があり、寺の中には重要文化財に指定されているものがあるようです。

火事の原因をくわしく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

事故の概要

5月3日午前、三重県名張市の福成就寺で火事があり、現在も消火活動中です。

この寺は鎌倉時代に建てられ、遺骨などが収められている黒漆厨子(ずし)は国の重要文化財に指定されているということです。

3日午前、三重・名張市の「福成就寺」で火事があり、午前11時半現在も消火活動が続いている。

出火当時、寺は無人で、今のところけが人の情報はない。

三重県の観光連盟よると、この寺は鎌倉時代に建立され、遺骨などを収める「黒漆厨子(ずし)」は国の重要文化財に指定されているほか、この地域で最大の石造の塔もあるという。

参照 FNNニュース

火災現場

出典 FNNニュース

火災現場は三重県名張市の福成就寺と報道されていました。

福成就寺は鎌倉時代に建立された寺のようです。

スポンサーリンク

火災原因は?

火災原因はいったい何なのでしょうか?

寺は無人だということですので、放火も考えられます。

今のところはまだ火災原因はわかっていません。

消火後原因など判明いたしましたら追記したいと思います。

福成就寺とは?

この福成就寺は鎌倉時代に建立された歴史あるお寺です。

中には遺骨などを収める黒漆厨子は国の重要文化財に指定されているようです。

名張市内で最大の石造十三重塔もあるそうです。

スポンサーリンク

現在の様子やネットの反応は?

全焼だ。貴重な文化と心のよりどころとなる寺院
電気火災かな?老朽化した配線は 点検必要だな。
放火だったら 犯人つかまってほしい。

参照 ヤフーニュース

スポンサーリンク

まとめ

歴史のある寺で火災、幸い寺は無人でけが人などをいなくてよかったです。

なぜ無人の寺から火がでたのでしょうか。

くわしい火災の原因がわかりましたらお伝えしたいと思います。