江戸前寿司と関西寿司の違いとは?

日本人は寿司好きな人が多いはずです。暑い夏にこそ、さっぱりとしたお寿司が食べたくなりますし、新鮮なネタは美味しくいくらでも食べられますね。

特にこの時期はイカやタコ、アワビなどの貝類が美味しい季節です。

さて、お寿司にも種類があり「江戸前寿司」と「関西寿司」が存在します。それぞれの違いについて説明できますか?

スポンサーリンク

江戸前寿司とは?

江戸前寿司はもともと江戸湾=東京湾でとれた魚をネタにしたもので、冷蔵庫で保存できず交通手段などがなかった時代に、日持ちするように塩や酢で締め、煮た魚をネタにしていました。

漬けてネタを日持ちさせる方法なども今でも残っていますよね。

また江戸の人はせっかちな人が多いといわれ、短時間で空腹が満たされるように、シャリとネタを一緒にしたのが江戸前寿司の始まりだといわれています。

当時は穴子やコハダなどの魚を使って作られていました。

関西寿司とは?

平安時代に発酵寿司として生まれたのが関西寿司です。

木型で成形して手間ひまかけて作られています。

今では押し寿司などと呼ばれ「サバ」「鯵」などの大衆魚を使用して作られました。

その後「鱒」や「エビ」などを使っても作られるようになりました。

関西寿司は大阪寿司とも呼ばれることがあります。

関西寿司は基本的に店内で食べるものではなく、行楽に持っていく用のお寿司として作られました。

シャリに甘みが強くご飯が干からびるのを防ぐための当時の工夫だったといわれています。

今の関西寿司は、醤油をつけて食べるだけでなく、塩を付けて食べるなど、魚の種類によって食べ方を変えているのも江戸前寿司とは大きく異なる点ですね。

スポンサーリンク

それぞれの違いを楽しもう

江戸前寿司も関西寿司もそれぞれに違いがあるから面白いものです。

例えば鯛などは関西寿司のほうが美味しいといわれ、江戸前寿司ではあえてネタにしておかない場合もあります。

あえて旅行に行った時に、その旅行先でお寿司屋さんに入ってその違いを楽しむのも乙なものですよね。

最初は驚くかもしれませんが、同じ日本でもその土地によって変わるお寿司の味や伝統があり、それを知った上で食べるお寿司はより美味しく格別なものになるはずです。

江戸前寿司と関西寿司の違いについて説明しました。

お寿司好きなら覚えておきたい知識でもありますね。

置いてあるネタの種類も変わりますし、中には同じネタでもお寿司によって関東と関西を分けている場合もあるのだとか。

お寿司の違いを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク