出來公一の顔画像は?ストレスで道路にロープ!!バイクが転倒!!男の言い訳が酷い!!【相模原市】

神奈川県相模原市で道路にロープが張られてバイクが転倒した事件で容疑者が見つかったようです。

防犯カメラの映像で浮上したようです。

くわしく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

出來公一容疑者は12月30日の朝、神奈川県相模原市の路上で道路にロープを張りバイクを転倒させケガをさせた容疑で逮捕されたようです。

 神奈川県相模原市の路上で道路に張られたロープにバイクが引っかかり男性がけがをした事件で、41歳の男が30日朝、送検されました。

殺人未遂の疑いで送検されたのは、相模原市のパート従業員・出來公一容疑者(41)です。

今月26日、相模原市内の路上に道路を横切るようにロープを張り、バイクに乗っていた45歳の男性を転倒させて腰を打撲するなどの軽いけがをさせた疑いがもたれています。防犯カメラの映像などから出來容疑者が浮上していました。

取り調べに対し、出來容疑者は「日々のストレスを解消するためにやった」などと供述していますが、「死んでもいいとは思っていませんでした」と殺意については否認しています。警察は、詳しい動機について調べています。

参照 JNNニュース

出來公一容疑者の顔画像

出來公一容疑者の顔画像がテレビで報道されていましたのでご覧ください。

そんなことをする人物には見えませんが、人はみかけによりませんね。

出典 JNNニュース

普段の生活がわかるかもしらないのでSNSなどで検索してみましたが、残念ながら本人と断定できるアカウントを見つけることができませんでした。

フェイスブックの検索はこちら

スポンサーリンク

出來公一容疑者のプロフィール

名前:出來公一(でき こういち)

年齢:41歳

住所:神奈川県相模原市南区

職業:パート従業員

容疑:道路にロープを張ってバイクを転倒させた疑い

事件のあった場所

事件のあった場所は神奈川県相模原市南区のコンビニ前の道路のようです。
道路を横切るようにロープを張っていたようです。
防犯カメラに出來公一容疑者がロープを張っている映像が確認されています。
出來公一容疑者が張ったロープでバイクが転倒している様子も防犯カメラに映し出されたいました。
神奈川県相模原市南区は地図ではこのあたりになります。
スポンサーリンク

動機はストレス?出來公一容疑者の言い訳が酷い!!

出來公一容疑者は日々のストレス解消のためにやったと言っているようです。

人がロープに引っ掛かり転倒するのを見るのがストレス解消なのでしょうか。

今回は怪我ですんだものの、もしかしたら死亡事故になっていたかもしれません。

ロープに引っ掛かって転倒すれば死亡事故につながるかもしれないということは、大人なら予測できることです。

こんな危険な行為をしていながら、死んでもいいとは思っていなかったと言っているようですが・・・

もし事件が本当ならば見苦しい言い訳ですね。

インターネットの反応

他人が怪我するのを見てストレス発散になるか?非常危険な人物だと思う。この年齢だから治りゃしない。矯正施設にこの先ずーっと入れといて。

ストレスを発散する事が出来ない人は…無趣味で 金も無くて 友達も 居なくて 自分で 楽しみを 見つけられない人なのかな?


ロープにバイクが引っかかり、転倒したら
死にいたる可能性が低くはないということが
41になっても判らなければヤバいっでしょ。

殺人未遂でしょ?無差別な。
未必の故意も成立するでしょ・・・
厳罰必至でよろしく。
意味不明に庇うところないでしょ。

これって、ロ-プが細かったり、スピード出てたりしたら首切断してまうよ。殺人未遂で実刑でしょう。想像しただけで怖い。

参照 ヤフーニュース

スポンサーリンク

まとめ

こんな危険な行為、想像しただけでぞっとします。

バイクを運転していた方は本当にケガだけでよかったと思います。

打ちどころが悪ければもしかしたら・・・

この先、出來公一容疑者は殺意は否認し続けるつもりしょうか。

また新しい情報が入りましたら発信していきたいと思います。