26年ぶりに豚コレラウイルス検出!!岐阜市内の養豚場で発見!!人的被害は?

26年ぶりに日本で発見されました。

人的被害がないものの普段食べているだけに心配です。

スポンサーリンク

事件の内容

豚コレラウイルスが検出されたのは岐阜市内の養豚場で9月3日に1頭死んでいたことから検査をした結果、豚コレラウイルス陽性反応が出ました。

これを受けて農林水産省は9日に「農林水産省豚コレラ防疫対策本部」設置しています。

岐阜市の養豚場で豚コレラウイルスが検出された。

豚コレラに感染したブタが見つかった養豚場では、24時間以内に殺処分をするということで、防護服を着た職員らが作業をしていた。

岐阜県によると、岐阜市内の養豚場で、9月3日に豚1頭が死んでいるのが見つかり、遺伝子検査などの結果、豚コレラウイルスの陽性と確定した。

県は、この養豚場にいる610頭について、殺処分するとともに、周辺10kmの養豚場から、外への豚の持ち出しを制限している。

参照 FNNPRIME

豚コレラが発見された養豚場の場所は?

豚コレラが発見された養豚場ですが岐阜県岐阜市ということです。

詳しい養豚場の場所までは分かっていませんが今回の事故を受けまして岐阜県は周辺の道路など閉鎖し養豚場から外に物が出ないように処置してます。

また半径10キロ以内にある養豚場もい移動の制限や消毒ポイントの設置などしている。

出典 FNNPRIME

スポンサーリンク

国内では26年ぶり

国内では26年ぶりの発見となっている豚コレラウイルスですが最後に検出されたのは1992年に熊本県で発見されてします。

1996年に豚コレラ撲滅対策が開始され今に至っていますが農林水産省も今回の事件には驚きを隠せないようです。

出典 東海テレビ

豚コレラは人的被害はあるのか?

気になるのは豚コレラウィルスですが人間などに感染するのか心配なところですね。

豚コレラウィルスは強い感染力で致死率も高いですが人間には感染せずに感染していた肉を食べていても問題はないそうです。

イノシシやほかの豚には感染してしまうので今回の610頭すべての殺処分は致し方ないのかもしれません。

ちなみに今回岐阜で検出された豚コレラウィルスですが今年中国で検出されたウィルスとは違う様です。

今回の事故での損害は?

今回の事件での損害ですが610頭すべて殺処分だけでは済まないようです。

農林水産省は今回の件で豚肉の輸出をすべて止めています。

2017年度には日本から豚肉関連の輸出額はおよそ7億円とされています。

主に輸出国はアジアとなっています。

感染がない国としての輸出でしたので今後は各国と相談の上輸出が判断されます。

ネットの反応

豚コレラ、どこから来たんだ?
農家にも影響が小さければいいが。

参照 ヤフーニュース

発生源は何だ?外から入ってきたのか?一気に全頭殺処分だから生産者も瀕死の状況になってしまう。何も補償が無ければ悲惨だが保険は大丈夫かな?

参照 ヤフーニュース

そもそもの発生源は何かの原因究明は進んでいるのだろうか?。

参照 ヤフーニュース

スポンサーリンク

まとめ

今回のウイルス発生で経済的にダメージを受けてしまうのは致し方ないですがなぜ発生したか原因を突き止めていってほしものです。

今回の豚コレラウィルスですが中国で発生したアフリカ豚コレラと違う様なので少し安心ですね。

皆さんもこんな事件が起きましたが国産豚肉嫌いにならないでくださいね。