今流行りのクラフトビールってなに?一番美味しいのは?

飲食店やスーパーなどで「クラフトビール」の特設コーナーや特集などを見かける機会も増えましたよね!

もともとクラフトビールは日本でも飲める場所はありましたが、手頃な価格帯のものも登場し近頃はスーパーでもさまざまな種類のクラフトビールを楽しめるようになりました。

スポンサーリンク

クラフトビールってなに?

クラフトビールとは、製造している醸造所の規模によって明確に決められています。

英語で「手技」「手工芸品」を表します。

アメリカのブルワーズ・アソシエーションによると年間生産量600万バルまでの「小規模」であること、クラフトビールメーカーとして「独立」していること、麦芽100%(条件によって変更あり)のビールを主力商品としている、もしくは麦芽100%・酵母・ホップを使っているなど「伝統的」なものであるかを条件としています。

味わいの特徴を出すために副原料を使用している場合はクラフトビールの定義に一致しません。

とはいえ、日本ではビール醸造所の規模が世界と比較すると小さいのですべてがこれに該当するものではありません。

クラフトビールには種類があるの!?

クラフトビールを飲む場合「エール」と「ラガー」の2種類があります。

原料はどちらも大麦麦芽を使用していますが、活動温度に違いがあります。

エールはすばやく高温で発酵させたもので、ラガーは低温で時間をかけて発酵させたものです。

クラフトビール初心者の場合はエールから挑戦するのをおすすめします。香り豊かで芳醇な麦芽の香りを楽しめます。

スポンサーリンク

これさえ飲んでおけば間違いなし

クラフトビールにはとにかく種類がたくさんありますので、絶対に外せないおすすめの種類をご紹介します。

同じクラフトビールでも味がぜんぜん違うので、飲み比べてみると楽しいのではないでしょうか。

  • ペールエール

濃い麦芽の香りとコク・苦味・香りなどのバランスが良くビールとも思えない華やかで甘い香りが特徴です。

クラフトビールの王道でもあるので、まずはペールエールから挑戦してみてもいいのではないでしょうか。

濃い深見のある味わいが特徴です。

  • スタウト

見た目は濃い茶色の渋みを感じられる色合いですがすっきりとしていてコクがあり飲みやすいクラフトビールです。

カラメルの甘い香りとクリーミーな喉ごしで心地よさを感じずにはいられません。

海外のクラフトビールだけでなく日本の大手飲酒メーカーからもクラフトビールが発売されています。

どれもこだわり抜いた美味しいものばかりです。

スポンサーリンク