香取慎吾の作家デビュー第一弾に安倍首相が意外のコメント!!そのとき香取は?

mimi_Smaさん(@mimiko0108)がシェアした投稿

見事作家デビューを果たした元SMAPの香取慎吾のもとへ安倍晋三首相が30日東京で開催されている画家展「日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS企画展 ミュージアム・オブ・トゥギャザー」に訪れました。

香取が出展しているこの画家展で安倍首相に自身の作品を始め他の作品など説明役を務めたようです。

果たして安倍首相の反応はいかに・・・


スポンサーリンク

香取の作品

香取はこの画家展への出店は2作品となっている。

作品名はイソゲマダマニアウ、火のトリ

13日のに行われたお披露目会ではこんな言葉も。

「こんな風に絵の紹介をするのも作家っぽいですね、ありがとうございます!」とほほ笑み、去り際に報道陣から心境を問われると「すごいうれしいです。新しいことが始まってます!」

参照 ヤフーニュース

30日訪れた安倍首相を前に自身の2作品を紹介し香取の話に首相も耳を傾けていました。

作品の意味イソゲマダマニアウ

Yokoさん(@pinoyoko)がシェアした投稿

解説文にあるように「あきらめない、まだまだやれるよ、大丈夫」とまさに今の香取にはぴったりの意味ではないでしょうか。

作品の意味火のトリ

こちらの作品も香取の今の心境を語ってると言えるのではないでしょうか。

絵の中のトリが今にも飛び出して羽ばたきたいと・・・

安倍首相の反応は

安倍首相は画家展につて「いろいろな作品を見る中で芸術は素晴らしいと改めて実感することができました」。と衝撃を受けたみたいです。

「みんなちがって、みんないい」という詩のとおりで個性豊かな作品や独創的な作品いろいろな考えが今の日本には必要と感じたのではないでしょうか。

それが日本人が胸を張って誇れる日本の姿を作るものだと・・・

香取に対しても今後の作家としての飛躍を期待しての言葉をかけています。

一方の香取は安倍首相の言葉に少し照れていたようです。

最後に香取は

SMAP解散後初めての大舞台への登場となるわけだが、この画家展が皮切りに作家香取慎吾がますます世の中を騒がしてくれることではないでしょうか。

意外や意外今回の安倍首相の訪問で2020年に開催される東京オリンピック、パラリンピックのキャラクターなどデザインするかもしれませんね。

「作家の香取慎吾です。初めて作家と呼んでいただいて、うれしく恥ずかしながらもとっても喜んでいます」「このようなボーダーのない、境界線のない展覧会に初めて出品しました。きょうは、安倍総理にも来ていただいて、僕もアーティストたちも喜んでいると思います」
参照 ヤフーニュース

関連記事

香取慎吾の作家デビューとは・・・

スポンサーリンク