青山哲也 顔画像!【帯広】民泊経営者が大麻で逮捕!民泊先判明か?栽培方法がヤバい!

またしても麻薬による犯罪は起きてしまいました。

北海道帯広で大麻を栽培して使用していたとして青山哲也容疑者が逮捕されています。

青山哲也容疑者の経営していた民泊施設で栽培されていたようですが栽培方法がヤバすぎます。

スポンサーリンク

事件の概要

青山哲也容疑者は今月3日に大麻を栽培、所持していた疑いで逮捕されています。

押収された大麻の量ですが29キロと末端価格1億7400万円と今年に入って最高でこの10年の中でも2番目に多い押収量とのことです。

北海道厚生局麻薬取締部は26日、大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕した男の帯広市の自宅から、乾燥大麻約29キロ(末端価格約1億7400万円)などを押収したと発表した。1事件当たりの大麻の押収量としては、全国の麻薬取締部で今年最多という。
麻薬取締部によると、男は民泊経営青山哲也被告(42)=大麻取締法違反罪で起訴=。所持を認め、「数年前から栽培を繰り返していた。自分でほぼ毎日吸っていた」と供述しているという。

参照 時事ドットコム

青山哲也容疑者の顔画像は?

青山哲也容疑者の顔画像ですが今のところマスコミやテレビなどでは報道されていません。

念のためにSNSなども調べてみましたが同姓同名のアカウントは存在するのですが本人と断定できるアカウントは発見できませんでした。

フェイスブックの検索はこちら

スポンサーリンク

青山哲也容疑者のプロフィール

名前 青山哲也(あおやま てつや)

年齢 42歳

職業 民泊経営者

住所 北海道帯広市

容疑 大麻取締法違反(所持)容疑

民泊先の場所判明か?【帯広市】

青山哲也容疑者は経営する民泊施設兼住宅でで大麻を栽培していたようです。

この民泊先ですがもちろん一般の宿泊者も宿泊していたと思いますがまさか大麻を栽培していたなんて誰も思はないですよね。

なお詳しい場所ですが帯広市内の農村地域ということまでしか分かってはいません。

スポンサーリンク

大麻の栽培方法がヤバい!

今回押収されていた29キロの大麻の栽培方法ですがなんと今年の2月ごろに種をまき5月から10月にかけて採取したようです。

栽培法法ですが実った大麻を刈り取った後、屋根裏などで乾燥させて商品としていたようです。

自分でも使用していますがこの量ですので販売していた可能性もあるとして警察は調査しています。

しかしすごい量には驚きです。

ネットの反応

ネットでも様々な意見が飛び交っています。

・大麻目当てで泊まりにくる客が大半だったのでしょうか?

・こういった違法栽培はあっちこっちで行われているものと思われる。
兎に角通報だよりでしょう。

・「こういう」民泊って結構あるんじゃない?

・アホだな
自分だけで使用していたら
きっと判明しなかっただろうなあ

他人に売ったので
その他人から足が付いたのだろう
それにしても栽培って意外と見つからないんだな

・んだけバリバリ葉っぱ吸ってもしっかりしてるね。
覚せい剤の清原と違うね

参照 ヤフーニュース

スポンサーリンク

まとめ

ネットの意見にもありますがこんなに大麻って簡単に栽培できることには驚きです。

このような事件は氷山の一角のような気がしますね。

今後どんどん摘発されクリーンになることを願うまでです。