安食彰平 顔画像、Facebookは?理学療法士が息子に虐待!動機は母親を調査

またしても幼い子供を襲った事件が起きてしまいました。

島根県出雲市で5歳の息子にけがをさせた疑いで父親が逮捕されています。

動機など詳しく追っていきたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

安食彰平容疑者は3月15日の夜に息子を家の柱に投げるなどどの暴行を加え6針を頭に縫うけがをさせた疑いで逮捕されています。

傷害の疑いで逮捕されたのは、島根・出雲市の理学療法士・安食彰平容疑者(27)。

安食容疑者は3月15日の夜、5歳の息子を家の柱に投げつけ、頭に6針縫う全治2週間のけがをさせた疑いが持たれている。

安食容疑者は、「間違いありません」と容疑を認めている。

警察によると、安食容疑者の家庭では、2年前から児童虐待の疑いがあり、出雲児童相談所が家庭訪問を繰り返していて、今回も児童相談所からの通報で発覚した。

警察は、余罪があるとみて調べを続けている。

参照 FNNニュース

安食彰平容疑者の顔画像

安食彰平容疑者の顔画像ですが今のところマスコミやテレビなどでは報道されていません。

念のためにSNSを調べてみましたが本人と断定できるアカウントは発見できませんでした。

フェイスブックの検索はこちら

スポンサーリンク

安食彰平容疑者のプロフィール

名前 安食彰平(あんじき しょうへい)

年齢 27歳

職業 理学療法士

住所 出雲市佐田町反辺

容疑 傷害の疑い

事件現場

安食彰平容疑者が5歳の息子にけがを負わせた場所ですが出雲市佐田町反辺の自宅と報道されています。

スポンサーリンク

動機は?

出典 FNNニュース

動機はいったい何だったのでしょうか?

安食彰平容疑者の家庭では2017年ほど前から児童相談所が何度も訪問していることから虐待は日常的だったようです。

安食彰平容疑者も児童相談所に自ら子供とどのように接していいかわからないと相談していたようで連れ子だった息子との接し方に悩んでいたのではないでしょうか。

母親は?

母親は事件当日はいったい何をしていたのでしょうか?

残念ながら母親のことまでは分かっていません。

もしかしたら母親も同じように虐待していたか、安食彰平容疑者が怖く何もできなかったのかはこの先の捜査で明らかになってくるのではないでしょうか。

ネットの反応

ネットでも様々な意見が飛び交っています。

・縫う怪我なら痕が残るね。
にしても怪我で済んで良かった。
居なくていい父親とはグッバイして、お母さんと幸せに。

・元々虐待の疑いをかけられ、相談所職員も目を光らせていた状況での暴力…。
完全にアウトですね。
この父親が傷害罪はもちろん、子供は戻してはいけない。
多分精神がちょっといかれてると思う…が、それで罪は軽くしないで欲しい。

・父親の逮捕記事が目立ちます。しかし、児童虐待の保護事例は圧倒的に実母が多いと出ています。女親というだけで法に守られ暴行傷害が成立しないのでしょうか?

・一歩間違ったら、死んでいますね!
今後、親子で暮らすのは、難しいと思う・・・

・今回は母親が病院に言って発覚したのかなぁ
頭を縫うなんて病院でも色々聞かれるからね

父親には子どもにした事を
与える刑でいいのでは

参照 ヤフーニュース

スポンサーリンク

まとめ

一向に減らない子供への虐待事件ですがどのように防いでいくかが本当に課題ですね。

そこにはインターネットやスマホの発達でコミニケーション不足などもあるのでないでしょうか。

本当にこのような事件がなくなることを切に願うだけです。