赤阪友昭 顔画像、Facebookは?写真家が2か月の長男を虐待か!!その時母親、妻は?

またしても容疑虐待か!!

写真家が自分の長男に暴行を加え大けがをさせ逮捕されています。

そんな状況と時、妻は何をしていたのでしょう?

スポンサーリンク

事件の概要

赤阪友昭容疑者は今月昨年11月に自宅で当時生後2か月の長男に頭へ暴行を加え大けがをさせた疑いで逮捕されています。

ケガをした長男ですが医師の話では後遺症が残る可能性があり緊迫した状況です。

生後2カ月の長男に暴行を加えたとして、大阪府警は16日、大阪市福島区鷺洲2、写真家、赤阪友昭容疑者(54)を傷害の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は昨年11月13日夜、自宅で長男の頭部に何らかの方法で暴行を加え、急性硬膜下血腫などの重傷を負わせたとしている。黙秘している。

 府警によると、赤阪容疑者は妻(44)と長女(4)、長男の4人暮らし。当時、妻は別室で寝ており、赤阪容疑者が長男の世話をしていた。「息子が意識もうろうとしている」と自ら119番。医師に対し、「喉が詰まったので、背中を強くたたいた」と説明したという。後遺症が残る可能性がある。

参照 毎日新聞

赤阪友昭容疑者の顔画像は?

赤阪友昭容疑者の顔画像ですが今のところマスコミやテレビなどでは報道されていませんが写真家ということで名前で検索してみるとホームページがありました。

出典 http://spirit-of-north.net/artist/akasaka.html

写真家として活躍していたようでNHKなどのテレビ番組の制作にもかかわったことがあるようです。

普段の生活がわかるかもしれないのでSNSを調べてみましたがやはり本人と思われるアカウントは発見できませんでした。

忙しすぎてSNSなどはやってないのかもしれませんね。

フェイスブックの検索はこちら

スポンサーリンク

赤阪友昭容疑者のプロフェール

名前 赤阪友昭(あかさか ともあき)

年齢 54歳

職業 写真家

住所 大阪市福島区鷺洲2

容疑 2か月の長男にけがを負わせた傷害の疑い

事件現場

事件が起きた現場ですが赤阪友昭容疑者が住んでいた自宅で大阪市福島区鷺洲2となります。

出典 NHK

赤阪友昭容疑者は今のところ容疑は認めていませんがもし事実ならば2か月の長男になぜ暴行など加えたのでしょうか?

犯行時間が夜ということで泣き声がうるさかったから?酒を飲んでいてイライラしていたから?

これから捜査が進むにつれて真実が明らかになっていくと思います。

その時妻は?

事件当日妻は何をしていたのでしょうか?

赤阪友昭容疑者は妻と長男、長女の4人暮らしで事件当時は妻は長女と別室で寝ていて赤阪友昭容疑者が長男の面倒を見ていたようです。

もし妻が一緒に寝ていればこんなことが起きなかった可能性も高いですね。

しかし昼間妻の子育てが大変ということで赤阪友昭容疑者が夜は面倒を見るという約束だったのではなかったのでしょうか?

そんな妻思いの赤阪友昭容疑者が長男に暴行とは不思議なものです。

ネットの反応

・喉に物を詰まらせた柄叩いたって言っているけど
2ヶ月の子が急性硬膜下血腫を起こすほど強く叩かないといけないほど一体何を自ら喉に詰まらせるの?親が44歳と54歳と高齢。普通に生きていけば、親よりずっと長生きをする。後遺症を抱えながらこの子は大変な思いをして生きるのでしょうね。その原因が父親なんて..最低すぎる。

・子供はあんたの所有物じゃないよ、命だよ。

・何もやってないなら、黙秘する必要はないよね…

・背中トントンで急性硬膜下血腫になるわけないだろ
耐性も脳みそも足りなすぎ。

参照 ヤフーニュース

スポンサーリンク

まとめ

今のところ容疑を否認していますので詳しい情報は分かっていませんがもしかしたこのような暴力は初めてじゃなかった可能性もあります。

詳しい情報が入り次第追記していきたいと思います。

怪我をされているお子様の後遺症が残らないことを願うまでです。