高齢化についに動き出す!大手大型スーパー”イオン”は救世主となれるか!?

大型ショッピングセンターでおなじみのイオンリテール株式会社がついに動き出しました。

日本初出店となる高齢者に向けた総合スーパーを千葉市に「イオンスタイル検見川浜」としてオープンします。

高齢化が進む中で大手スーパーも生き残りをかけた戦いなのでしょうか。

そんな新スタイルのイオンをのぞいてみることにします。


スポンサーリンク

高齢者向けの「イオンスタイル検見川浜」とは

イオン初の試みの総合スーパーは千葉県千葉市のJR京葉線の検見川浜駅近くに店舗を構えています。

この地区は60代、70代の住民も非常に多く高齢者の要望を取り入れたスーパーとなっています。

例えば高齢者の生活も意識したサービスで普段使いの日用品や食料品の取り扱いは配達などのサービスはもちろんのこと、健康に関する悩み相談や昭和の時代には当たり前だった電気屋さんよる電球の交換や家財等などの修理などのサービスも行っている。

高齢者の方にとって至りにつくせづとなっているのではないでしょうか。

そんな検見川浜地区とは・・・

そんな検見川浜地区とは・・・

昭和48年(1973年)ごろからニュータウン計画でマンションや団地がどんどん建てられた地区で店舗近くには約6000戸マンションが今の住民はシニア世代の60歳から70歳の住民が多く住んでいます。

そんな地区だからこそイオン側も高齢者の需要に踏み込みました。

では実際にシニア是代向けの需要を調べてみましょう。

シニア世代の需要とは

まだまだ元気な方も多いシニア世代ですが実際のところどんな悩みがあるのでしょう。

例えば重いものやちょっと高いところは危ない、歩くには無理が、血圧が高く食事が、もっとみんなとコミニケーションが・・・

など出せば出すだけ切がなく思いますがそんな要望の中の一つ一つを今回の「イオンスタイル検見川浜」は供給しているのではないでしょうか。

「イオンスタイル検見川浜」の供給

例えば食料品販売コーナーでは健康を意識し減塩しょうゆや減塩みそなど減塩にこだわった調味料が26品用意されています。

また野菜は地元の有機野菜などを用意し野菜ソムリエが健康を意識したメニューの提案なども行っています。

さらにはお出かけを意識したコーナーもありおしゃれな帽子、カバン、ステッキ、ストレッチが施されたパンツなども用意されており、無料で血圧なども測定できる測定結果から専門のスタッフからの話も聞けるサービスなども行っています。

荷物を運ぶのはちょっとという方にはうれしいサービスが・・・購入した商品を店舗から自宅まで運ぶサービスを行っており健康のためのウォーキングの途中でも気軽に買い物を楽しめるサービスではないでしょうか。

従業員も「認知症サポーター」の資格を持っており、シニア世代には安心して買い物を楽しめますね。

今後生き残りのためには・・・

高齢化が進む日本。増え続ける店舗。そんな店舗だが生き残りをかけた今回のイオンの出店。

今後このモデルが成功し次のシニア世代まで受け継がれるといいのですが。

果たして「イオンスタイル検見川浜」は町の便利屋さんとしてなれるのでしょうか。

スポンサーリンク