岡山!!13歳の中学生が車を運転して事故!!安部心春さんが死亡!!現場や親は?

今朝ショッキングな交通事故が岡山で起きてしまいました。

なんと車を運転し交通事故を起こしたのは中学生です。

その現場や親は?

スポンサーリンク

事件の概要

1日の早朝に岡山市北区青江の国道30号で乗用車が中央分離帯に乗り上げポールに衝突し車は大破しました。

その勢いで運転手は外に投げ出され頭を強く打ち安部心春さんが死亡してしまいました。

同乗者も同じ骨折などのけがをしているのですがなんと運転していたのは13歳の中学生の女性だったようで同乗者もやはり中学生だったようです。

岡山市の国道で、乗用車が中央分離帯のポールに衝突する事故があった。
乗っていたのは、全員中学2年生で、5人が死傷した。

1日午前5時ごろ、岡山市北区青江の国道30号線で、乗用車が中央分離帯のポールに衝突し、大破した。

この事故で、中学2年生の安部心春さん(13)が車外に投げ出され死亡、中学2年の少年3人と少女1人も重軽傷。

警察によると、5人は、岡山市と倉敷市の4つの中学校に通っており、知り合いとみられ、いずれも無免許だという。

事故にあった車は、5人のいずれかの親が所有する車で、誰が運転していたかを含め、事故のくわしい状況を調べている。

参照 PRIMEニュース

事故を起こした車ですがどうやら乗り合わせていた中学委の親が所有していたことまでは分かっています。

事故現場

中学生が事故を起こした現場ですが報道では見通しの良い道路だったようです。

報道の画像を解析した結果現場は岡山県北区青江1丁目17−21の紳士服のはるやま付近と判明しました。

出典 JNNニュース

確かに県道ですが道路は直線の広い道路でとても事故が起きやすい道路には見えません。

ではいったいなぜ事故が起きてしまったのでしょうか?

何か対向車のライトがまぶしく運転していた中学生が誤ってハンドルを切って電柱に追突したのか、それとも居眠りだったのか?それともスマホ運転でよそ見をしていたのか?

事故の原因は残念ながら分かっていませんが中学生が運転とは問題ですね。

大破した車の画像を見る限り車は相当なスピードで走っていたのではないでしょうか。

でないと車外に放り出されることはないのではないでしょうか。

出典 JNNニュース

スポンサーリンク

車の所有者は

事故を起こした車の持ち主ですが同乗していた中学生の保護者のようです。

その保護者は容認して車を貸していたのでしょうか?

それとも寝ているときに勝手に車を持っていかれたのでしょうか。

いずれにしろ今回のように中学生が運転とはあり得ない行為でので今後車を運転するドライバーの車のカギの保管など真剣に考えていく必要があるのではないでしょうか。

ネットでの反応

ネットでは非常に厳しい意見が飛び交っています。

やっていいことと悪いことの区別もつかないのかね。
子供だって、別に幼稚園児じゃあるまいし、それくらいの分別つかなくちゃダメだろ。
人が亡くなってるのに不謹慎だけど、自分たちだけで終わってくれてよかった。

参照 ヤフーニュース

他の人巻き込んでたら話にならなかったね
まあ巻き込んでなくてもならないが。
一生社会に出てこないで欲しいな
どんな教育したらこんなことする子どもに育つんだ?

参照 ヤフーニュース

まとめ

今後無免許での事故を減らすには免許がないとエンジンがかからない車や、指紋認証でエンジンがかかる車などの開発も必要なのかもしれませんね。

スポンサーリンク