自己破産ラッパー50centが忘れていた仮想通貨ビットコインがまさかの

人気ラッパー・50centが、仮想通貨ビットコインで億り人になっていたというニュースが流れファン・メディアの間で話題となっている。
50centが仮想通貨で億り人になったと報じたのはニュースサイト「TMZ」。
2015年には自己破産する事態に陥った50centだがビットコインで億り人となったことにファン・メディアの間では今後の行方に注目が集まっている。

スポンサーリンク

50cent


出典 ユーチューブ

50cent(フィフティーセント)1975年7月6日アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市クイーンズ区ジャマイカ地区出身。
ラッパー・俳優・企業家・エグゼクティブプロデューサー・プロボクシングプロモーターとして活躍中。
名前の由来は1980年代にニューヨークのブルックリン界隈で30人あまりを殺害し、50centでさえも奪った実在のギャングであるケルビン “50cent” マーティンに由来している。

仮想通貨で億り人になった人気ラッパー

報道で話題となった50centは、2014年に発売したアルバム「Animal Ambition」の支払いをビットコインで受け取っていたようだ。
当時、アルバムの支払いで受け取ったのは700ビットコインで、相場は1ビットコインが650ドルから700ドル程度。当時の報酬は約50万ドル(約5500万円)だったという。
しかし、仮想通貨ビットコインは急騰し、現在では1ビットコインの価格は1万ドル(約110万円)を超えている。
50centは、アルバム「Animal Ambition」の報酬で受け取ったビットコインは現在810万ドル(約8億8000万円)に相当になっているようだ。

スポンサーリンク

SNSでビットコインで大儲けを報告

2014年発売のアルバム報酬を仮想通貨ビットコインで受け取っていた50centは、SNSなどで仮想通貨で大儲けした事実を公開。
「(ビットコインを受け取っていたことを)しばらく忘れていたが、自分でも大したものだと思う」
と、アルバムを仮想通貨ビットコインでの支払いにしたことに当時の自分は大したもんだ述べている。
先見の目を持っていた50centにメディアやファンは、彼がこのビットコインをいつ手放すのか?はたまたホールドするのか話題となっているようだ。

過去には自己破産を申し込んだ50セント


出典 ユーチューブ

大人気ラッパーの50centは、2003年に発売されたアルバム「ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン/Get Rick or Die Tryin’」で大ブレーク。
しかし、その後2015年に資産が2,000万ドル以下で負債が3600万ドルに及ぶ状態に陥ってしまい米当局に自己破産を申請していた。
2016年6月25日にはセントクリストファー・ネイビスで開催された音楽フェスティバルのパフォーマンス中に違法な言葉を連発したとして逮捕されている。
仮想通貨で一躍億り人となった50セントの今後に注目したい。

スポンサーリンク