308万円のやかんが盗まれる!!やかん画像は?京都の日中の工芸品販売店「清課堂」の場所と犯人の画像は?

日中に堂々と盗みをされたという事件が起きました。

なんと盗まれたのはやかんではないですか。

このやかんなんと308万円だというからびっくりです。

いったい犯人はどんな人物なのでしょうか?

スポンサーリンク

事件の概要

事件は13日の17時半過ぎに京都市中央区にある工芸品販売店「清課堂」でおきました。

13日、京都の工芸品販売店で308万円のやかんが盗まれた。防犯カメラには、男が持ち去る様子が映っていた。

ショーケースをのぞき込み、やかんに手をのばした男は、そのままカバンに入れ、店を立ち去った。

13日午後5時40分ごろ、京都市中京区の工芸品販売店「清課堂」で、308万円の純銀製のやかんが盗まれた。当時、店内に他の客はおらず、従業員は店の奥で作業中だったという。

参照 NNNニュース

従業員は人の気配や音などは気づかなかったのでしょうか?
高額な商品が置いてある割には従業員は少し無防備だったのかもしれません。

事件があった場所

事件があった場所は京都府京都市中京区妙満寺前町462 の 清課堂です。

こちらの店は各種金属工芸を扱うお店だったみたいです。

場所はこちらになります。

お店の構えはこんな感じです。

いかにも工芸品を扱う感じがするお店ではないでしょうか。

ただ見た感じ人通りはあまりなさそうにも見えます。

ちなみにお店のSNSも発見できました。

フェイスブックの検索はこちら

やかん画像は

308万円するやかんの画像ですが残念ながら今のところ画像は報道されていません。

ただ盗まれたやかんの隣の工芸品を見てもかなりのやかんではないのでしょうか。

出典 NNNニュース

スポンサーリンク

犯人の顔画像は?

308万円のやかんを盗んだ犯人は今のところ見つかっていません。

ただ店の防犯カメラにはやかんが盗まれる画像が残っており年齢が50~60歳位ぐらいの男性とみられています。

画像には盗まれる前に店の前での画像もありどうやら犯人は2人だったみたいです。

画像はやかんをカバンなどに入れた瞬間をとらえています。

出典 NNNニュース

出典 NNNニュース

308万円のやかんを盗む前店を外から物色している様子です。

店の中に従業員がいないか確かめていたのでしょうか。

出典 NNNニュース

インターネットでの反応は

ショーケースも無し。接客も無し。あまりにも無防備。平和ボケも程々に。

参照 ヤフーニュース

そんなとこ置いてたらあかんやん
参照 ヤフーニュース

インターネットでもお店のあまりの無防備さにあきれた様子がコメントされています。

今回あまりにも無防備すぎることから起きてしまった事件ですが犯人は店をのぞき込んでからの犯行でここに308万円のやかんがあったことを知っていた人物ではないでしょうか。

もしかしたお客だったのかもしれません。

日頃からお店のことをよく知っていて店の無防備さも知っていたのかもしれませんね。

ただ防犯カメラにはしっかり移っていますので逮捕されるのは時間の問題ではないでしょうか。

308万円のやかん無事戻ってくるといいのですね。

スポンサーリンク